#ロヒンギャ


Card image cap

2018/01/23 23:30:30

@kman57move
Rohingya village near Mrauk-U, Myanmar. ミャンマー西部ラカイン州ミャウー郊外にて。無邪気なロヒンギャの子供たち。
Card image cap

2018/01/18 14:32:44

@ym8512
日本でくらすロヒンギャ難民たちRohingya living in Japan.#rohingya #refugee #japan #ロヒンギャ #館林 #難民
Card image cap

2018/01/22 21:02:27

@yuichi.mori.photography
【Notification お知らせ】 Website has been updated. Photos of the coverage of Rohingya people in Bangladesh have been added. ホームページを更新しました。2017年10月にバングラデシュで実施したロヒンギャ難民取材の写真を追加しました。>> https://buff.ly/2DvI3mo⠀.⠀.⠀.⠀.⠀#bangladesh #islam #rohingya #refugee #coxsbazar #jummanet #shaplaneer #documentary #photography #photojournalism #バングラデシュ #イスラム #ロヒンギャ #難民 #コックスバザール #ジュマネット #シャプラニール #ドキュメンタリー #フォトジャーナリズム
Card image cap

2018/01/21 06:42:03

@kiyomaro7225
ロヒンギャの人達。#ロヒンギャ #難民 #子供達 #未来 #rohingya#Repost @togamiami (@get_repost)・・・彼らに国籍を返してあげてください。#ロヒンギャ難民 #ロヒンギャ難民支援 #ロヒンギャ問題 #ロヒンギャ
Card image cap

2018/01/19 20:22:54

@kman57move
Rohingya village near Mrauk-U, Myanmar. ミャンマー西部ラカイン州ミャウー郊外ロヒンギャの村にて。商店を営んでいる家族。
Card image cap

2018/01/18 23:46:37

@kman57move
Rohingya village near Mrauk-U, Myanmar. ミャンマー西部ラカイン州ミャウー郊外にて。この村のロヒンギャの子供たちは正式な小学校へ通う事は許されていないのだが、中古で手に入れたのだろうミャンマーの緑の制服を着ている子をたまに見かける。彼らにも平等に教育の機会が与えられる事を切に願う。
Card image cap

2018/01/18 14:26:26

@ym8512
ミャンマーからバングラデシュへ逃れたロヒンギャ難民たち#ロヒンギャ #難民 #rohingya #bangladesh #refugee
Card image cap

2018/01/18 08:42:11

@kman57move
Rohingya village near Mrauk-U, Myanmar. ミャンマー西部ラカイン州ミャウー郊外、ロヒンギャの村にて。
Card image cap

2018/01/18 01:00:08

@kman57move
Rohingya village near Mrauk-U, Myanmar. ミャンマー西部ラカイン州ミャウー郊外、ロヒンギャの村にて。電気や水道の整備がされていないこの村で井戸は彼らの生命線だ。
Card image cap

2018/01/18 00:10:19

@togamiami
帰還することが解決なのではありません。彼らが国籍を取り戻すことが解決です。ミャンマー政府はまだ彼らを「ミャンマー国民」と認める声明は出していません。彼らはミャンマー語がわかります。子どもたちはミャンマー語の歌を歌います。「帰りたい」と言います。彼らを知ってほしいしできれば会ってほしい。本当に素敵な人たちだから。だから、わたしは今とても苦しいです。#ロヒンギャ #ロヒンギャ問題 #ロヒンギャ難民支援 #ロヒンギャ難民
Card image cap

2018/01/17 22:56:26

@togamiami
Card image cap

2018/01/17 13:18:25

@daisukewada_photo
📷📎#rohingya_dw多くのロヒンギャの人々がミャンマーから逃れてきた仮設キャンプ内に日本赤十字社が設置した「 #チャイルドフレンドリースペース 」で、描いた絵を貼る子ども。A Rohingya child puts the painting on the wall of "child friendly space" settled by Japan Red Cross in the makeshift camp where tens of thousands of people fled from Myanmar.:#ロヒンギャ#難民#キャンプ#仮設#日赤#ペイント#小屋#竹#鳥#花#drawing#paper#friends#joy#noschool#redcross#aid#medical#kids#birds#flower
Card image cap

2018/01/17 00:17:37

@daisukewada_photo
📷📎#rohingya_dwミャンマーから逃れてきた仮設キャンプにある「#チャイルドフレンドリースペース」で子どもたちと絵を描く日本赤十字、赤新月社のメンバー。Members of Japan red cross and red crescent enjoy drawing with Rohingya children at "child friendly space" in makeshift camp where Rohingya people fled from Myanmar.:#rohingya#refugee#bangladesh#redcross#rescrescent#drawing#painting#releaf#childfood#tent#camp#friendly#bamboo#赤十字#日赤#新月#竹#シート#キャンプ#絵画#芸術#お絵かき#ロヒンギャ
Card image cap

2018/01/16 00:41:38

@daisukewada_photo
📷📎#rohingya_dw2017年8月下旬以降ミャンマーから逃れて来た #ロヒンギャ の人々の仮設キャンプの中に #日本赤十字社 が設置した「 チャイルドフレンドリースペース 」で手の洗いかたを教わる #子どもたち 。Rohingya children are told how to wash hands in "child friendly space" settled by Japan Red Cross in makeshift camp of people fled from Myanmar after late August, 2017.:#smile#childfriendlyspace#wash#hands#quarantine#redcross#redcrecent #refugee#camp#house#home#releaf #日赤#赤新月#キャンプ#ごしごし#手#衛生#せっけん#きれいきれい#難民#笑顔#無国籍#越境
Card image cap

2018/01/14 18:10:02

@hiroki.mochizuki
ジュンク堂で「宗教問題」というニッチな雑誌がロヒンギャ特集をしているのを発見して即買い。ジャケットの圧がすごいし、パラパラ読んでみると中身もかなり勉強になりそう。税込1000円という値付けも良い。こういう本に出会えるのはいまだに大型書店をフラフラするときだけだなあ。なんといっても面陳されていたからね。本屋の価値を再確認。#望月書房
Card image cap

2018/01/14 07:41:44

@madoikitaru
昨日は地元で、ロヒンギャの方の生活について学んでいました!自分の人生経験の結果。大体は虐げられる少数派側に立つのですが。そういう問題の背景には「自分達が虐げられれないために、他者を虐げる」というのがあり、厄介ではあります。が、目の前にいる人を助けないのは僕の考える生き方ではないので……まあ、自分に出来ることが何かあれば。とはいえ、自分は自分で。まず日本にいる虐げられている者を助けたいのですが。それと、今回のイベント。実は結構明るい雰囲気の写真も多く。そういうのを見ると逆に「この笑顔を護らなければなあ……」とも思ったりしました。後、ロヒンギャの方の料理が美味しそうでした。食べるという字は人が良くなると書く……です。で、2枚目は町田駅周辺で買ったレコードと手ぬぐい、コーヒー。3枚目のは制作中の靴です!! #ロヒンギャ #町田 #machida #ミャンマー #プログレッシブロック #レコード #手ぬぐい #南蛮屋 #ペン画 #イラスト #細密画 #食べるという字は人を良くすると書く
Card image cap

2018/01/14 00:13:27

@kman57move
綱島POINT WEATHERでの9人展『THE 9 STORIES』。年が明けてお知らせが遅れましたが「絶賛延長中」です。つきましては明日1月14日(日)の18時半頃より在廊させてもらいます。お時間ある方は是非遊びにいらしてください!語りましょう。---------------------------------------------------------------写真展「THE 9 STORIES」.【参加写真家】浅井寛司、江口直宏、大村祐大、栗田哲男、Go Kamochi、新畑克也、鈴村雄誠、竹田悠、山下裕(50音順・敬称略).【開催期間】2017年12月26日(火)~2018年1月中旬.※営業時間:火〜日11:30~21:00定休日:月曜日。その他不定休や営業時間変更あり。詳細は随時お店のホームページをご確認ください。カフェ内展示につき1オーダーをお願いします。.【会場】POINT WEATHERhttp://pointweather.net/神奈川県横浜市港北区綱島西1-14-18https://goo.gl/maps/U8K9hc4wmTk(東急東横線綱島駅西口から徒歩5分)
Card image cap

2018/01/13 22:07:23

@kman57move
Rohingya village near Mrauk-U, Myanmar. トークイベント「カメラマンが見たロヒンギャの生活」、無事に終了いたしました。予約制ではないし何人くらいの方がお見えになるのか全く想像もつかなかったのですが、実際は満席となり多くの方がいらっしゃいました。本当にありがとうございます。偶然にも日本から河野外務大臣がミャンマーを訪問中であり、昨日アウンサンスーチー氏やミン・アウン・フライン国軍司令官と会談し、今日はラカイン州マウンドーを視察したという事もあり興味を持たれた方が多かったのかもしれません。ミャンマーでロヒンギャの人たちが置かれている状況について、報道されている部分とは違うフォトグラファーの目線でお伝え出来ればと思い写真や映像を交えてお話しさせていただきました。しかしながら「ロヒンギャ問題」の歴史や政治的な背景や日本に逃れたロヒンギャの状況等もお話ししなくてはと思い、後半は時間が押してしまいましたが、「イメージしていたロヒンギャの生活とは違う側面が見えた」「彼らをとても身近に感じた」といった感想もいただけて、非常に難しい問題ですが改めてやり甲斐を感じました。反省すべき点も多いですが、実際現場はのんびりしてる状況ではないのです。今日の経験を糧にこれからも勉強と経験を積んで発信して参ります。改めましてお越しくださった皆さま、ありがとうございました。
Card image cap

2018/01/12 22:12:18

@kman57move
明日のトークイベントではミャンマー西部ラカイン州のロヒンギャが暮らす村や避難民キャンプの写真も10枚程度展示いたします。お気軽にお越しください。---------------------------------------------------------------.日本ミャンマー文化交流トークイベント「カメラマンが見たロヒンギャの生活」.【日時】2018年1月13日(土)14時~16時.【場所】町田市生涯学習センター6階(まちだ中央公民館)東京都町田市原町田6-8-1 町田センタービル(JR横浜線町田駅 北口徒歩1分。小田急町田駅 西口より徒歩3分。「109」の6階).【定員】36人(入場無料 先着順).■主催:ミャンマーを知ろう会 ■後援:一般社団法人日本ミャンマー友好協会.【プロフィール】 新畑 克也 Katsuya Shimbata1979年広島県呉市生まれ。東京都在住。2010年よりミャンマーを幾度となく訪れ人々との出逢いを写真に収め始める。近年は西部ラカイン州で迫害を受けるロヒンギャの集落へ通い彼らの暮らしを見つめ続ける。.【WebSite】http://www.katsuyashimbata.com/.【FBイベントページ】https://www.facebook.com/events/1949501181965513/
Card image cap

2018/01/10 17:57:06

@mdmjapan
#ロヒンギャ 緊急 #医療支援 :CHW研修がスタート ~必要なひとに必要な医療を届けるために~2017年8月の危機勃発以降、 #ミャンマー から #バングラデシュ へと逃れてきた無国籍の #難民 ロヒンギャ族は65万人*を超えました。#世界の医療団 が活動する #Kutupalong (クゥトウパロン)キャンプにおける難民数は54万7千人*、キャンプではあらゆる必需品やサービスが不足し、差別や暴力の恐怖から逃れてもなお、ロヒンギャ民は過酷な生活を強いられています。難民の大量流入により、設備など支援がまったく追いついていません。医療面も同様、劣悪な衛生環境下での感染症の蔓延が懸念され、実際ジフテリアで命を落としています(その多くがこどもたち)。栄養不良、怪我や持病の治療、そしてメンタルケアが必要とされているにもかかわらず、混乱する現場では医療を必要とする人に、医療を届けることがなかなかできません。私たち世界の医療団日本の活動では、現地スタッフとともにチームを組成、アウトリーチ活動を行うことで、もっとも保健医療サービスを必要とする人々に接触します。また、ロヒンギャの人々は、体調不良など健康状態の悪化を隠す傾向があるといいます。言語、文化、慣習に通じるCHW(コミュニティ・ヘルス・ワーカー)が保健医療サービスを受ける必要性を説き、クリニックに通うにあたっての心理的・物理的障壁の最小化を図り、クリニックを訪れるように促します。ロヒンギャの人に医療を届けるために、CHWの果たす役割は重要です。この活動によって、ロヒンギャ難民の栄養と健康に対する意識に働きかける活動を継続的に行い、1人でも多くの医療を必要とする人に、医療を届けてまいります。*IOM Bangladesh#Rohingya #Refugees Emergency Medical Support#saverohingya #Bangladesh #Doctorsoftheworld #Medecinsdumonde